プロポリスの効果効能

プロポリスは膀胱炎にいい?

排尿の回数が多い、排尿時に痛みが出る、尿が白く濁っている、血尿が出る、こんな症状が出た時に疑われるのが、「膀胱炎(ぼうこうえん)」です。女性に多い一般的な病気のひとつですが、プロポリスは、この膀胱炎にも効果が期待されています。

膀胱炎とは

尿を溜める柔らかい袋である膀胱が炎症をおこすのが、膀胱炎です。膀胱炎には、急性膀胱炎(単純性膀胱炎)や慢性膀胱炎(複雑性膀胱炎)、間質性膀胱炎などがありますが、一般的に膀胱炎と呼ばれるのは、急性膀胱炎です。

膀胱炎の原因

急性膀胱炎は、膀胱粘膜に細菌が感染することで引き起こされる場合がほとんどです。原因となる細菌の80~85%は大腸菌で、5~10%が黄色ブドウ球菌と言われています。女性に膀胱炎が多い理由は、尿道の長さです。女性の尿道は4~5cmで男性の3分の1ぐらいしかありません。その分、外部からの細菌が膀胱に侵入しやすくなっています。

膀胱炎の治療

急性膀胱炎は、水分を多く取り頻繁に排尿することで症状は緩和されますが、一般的な治療法としては、抗生物質です。大腸菌に有効なニューキノロン系やセフェム系の抗生物質が処方されます。1~2日で症状が緩和されます。しかし、最近は薬剤に耐性を持った菌が多くなり、慢性化するケースもあるのできちんと検査してもらうことも大切です。

プロポリスの膀胱炎に対する効果

プロポリスにはさまざまな健康効果が言われていますが、膀胱炎に対して期待できるのが、「抗菌作用」と「免疫力アップ」です。

抗菌作用

プロポリスは、強い殺菌・抗菌作用があり、「天然の抗生物質」とも呼ばれています。病原菌を対象におこなわれた研究では、プロポリスは、黄色ブドウ球菌や大腸菌など全ての菌に対して増殖を抑制する作用があることが報告されています。さらに、プロポリスの主な成分であるフラボノイドに含まれるアルテピリンCに強い抗菌活性があることも報告されています。

免疫力アップ

膀胱炎を予防するためには、トイレを我慢しないことが大切です。また、ストレスや過労、無理なダイエット、食生活の乱れなども膀胱炎を引き起こす原因になります。そのために、日頃から抵抗力をつけることが重要です。プロポリスには免疫力をアップする効果も認められています。細菌に強い体をつくることも膀胱炎の予防には大切です。

プロポリスで丈夫な体づくりを

膀胱炎などの細菌が原因で引き起こされる病気を予防するためには、細菌やウイルスに負けない強い体が不可欠です。そんな丈夫な体づくりに、プロポリスをお役立て下さい。