プロポリスの効果効能

妊娠中のプロポリス摂取

妊娠中は栄養が不足して免疫力も下がりがちです。丈夫な赤ちゃんのためには少しでも妊婦の体に良いものは摂取したいものです。プロポリスはさまざまな栄養成分が豊富に含まれ美容や健康に良いと話題の健康食品です。そんな良いものなら妊婦にもオススメしたいものですが、実際に妊娠中の人がプロポリスを摂取して良いのでしょうか?

妊娠中の人はプロポリスは控えましょう。

妊娠中の人はプロポリスはオススメできません。その理由は、プロポリスが妊婦にどう影響するかは正確なデータは報告されていないからです。妊婦が摂取したプロポリスの成分が胎児に影響する可能性は否定できません。妊娠中はタバコやアルコール、カフェインなどの刺激物は控えるように言われています。プロポリスには強い殺菌作用があり、体力が低下している妊婦には刺激物にもなります。また、免疫力をアップさせるために、一時的に下痢や肝機能が低下するケースも報告されています。プロポリスの妊婦への影響は不明の部分が多いので、妊娠中の摂取は控えた方が良いでしょう。さらに、プロポリスは1歳未満の乳児には良くないと言われています。

プロポリスは1歳未満の乳児には与えない

赤ちゃんにハチミツが良くないことは良く知られています。これは、ハチミツにボツリヌス菌が含まれている可能性があるからです。ボツリヌス菌は大人の場合、体内細菌で増殖を防ぐことができるので心配はありませんが、1歳未満の乳児はまだ腸内細菌が整っていません。ボツリヌス菌が繁殖してさまざまな悪影響を及ぼし、最悪の場合は死にいたる危険性があります。プロポリスもハチミツと同じでボツリヌス菌が入っている可能性があります。胎児は母体から栄養を受け取っています。母親がプロポリスを摂取した場合に、胎児に影響する可能性は否定できません。

その他の注意点

プロポリスにはミツバチの体液が含まれているので、蜂アレルギーのある人にはオススメできません。また、食物アレルギーなどのある人も要注意です。パッチテストなどをしてチェックする必要があります。

自己判断は禁物

健康食品などでよく言われるのが「好転反応」です。好転反応とは病気などが改善する途中で発生するさまざまな体調不良のことです。しかし、素人が勝手に判断するのは危険です。プロポリスも同様です。体調などの不調がおきた場合は、医師の診断を受けることが大切です。また、病気の改善に使用したい場合も医師に相談することをオススメします。

【参考文献】
プロポリスが与えるアレルギーへの影響
https://prettylittlestatemachine.com/allergy.html