プロポリスの効果効能

プロポリスは低カロリーで栄養豊富!

美容や健康に効果があると評判のプロポリス。栄養成分が豊富で低カロリーでダイエットにも効果的とも言われていますが、実際のカロリーや成分はどうなっているのでしょうか?

プロポリスのカロリー

プロポリスのカロリーは、製品のタイプなどで異なります。山田養蜂場の製品で見てみると、ブラジル産のプロポリスは、1mlあたり6.4Kcalと表示されています。1mlは1gとして換算すると、100gあたり640kalになります。文部科学省の日本食品成分表をみると、ハチミツは、100gあたり294kcalとなっています。つまり、1gあたりのkcalはハチミツよりも高くなっています。さらに、角砂糖が387kcalですから、2倍近く多いという結果になります。

糖類の目安量

ダイエットの敵となるのが糖分ですが、健康のためにも糖分は控えた方が良いと言われています。WHOでは、糖類の摂取目安量を1日の摂取カロリーの5%未満が理想的と従来の10%から基準値を半分に減らしてきました。平均的な大人で換算すると1日25gになります。カロリーにすると96.75kcalです。一般的な清涼飲料水でも25gの糖類が含まれているので、かなり厳しい数値と言えるでしょう。

プロポリスの摂取の目安

プロポリス液の目安は、1日1mlです。つまり、6.4kcalですから、糖類の目安の10分の1以下です。1gあたりのカロリーは多くでも摂取する量が少ないのでトータルでは低カロリーと言えるでしょう。錠剤タイプでも1球あたりで1日3錠で約10kcal、ドリンク1本で8kcalです。

プロポリスの栄養

プロポリスにはさまざまな栄養成分が含まれています。

ビタミン・ミネラル

体の機能を正常に保つのに欠かせないのがビタミンです。ビタミンB1やビタミンB2、ビタミンE、ナイアシン、葉酸などがプロポリスに含まれています。さらに体の組織をつくるのに欠かせないミネラル類(マグネシウム、マンガン、カルシウム、鉄、銅、亜鉛)も豊富です。

抗酸化物質

プロポリスの大きな特徴はポリフェノールなどの抗酸化物質です。特にフラボノイドには強い抗酸化力があります。また、ブラジル産のプロポリスに含まれているアルテピリンCやP-クマル酸には、抗がん作用などが期待されています。

プロポリスで健康な体づくりを

プロポリスは摂取してもカロリーオーバーになる心配はありません。そして、豊富な栄養成分で健康な体づくりをサポートします。